2011年10月03日

体外離脱と夢の4つの違い

ここのところ
体外離脱体験についての記事を
書いておりますが、

そのなかで
「体外離脱は(明晰)夢の一種」
とか
「個人的には錯覚に近いと考えている」
などと

ところどころで懐疑的なことを
書いておりました。


いろいろと調べるうちに
体外離脱と夢(とくに明晰夢)は
明確に異なるという複数の論文に
当たりましたので
それを紹介します。


1.体験中の認識

「体外離脱のレッスン」
「体外離脱体験 その方法と効果」
などの著作がある
ロバート・ピーターソン氏によると

体外離脱中の体験は、
現実の体験と変わらない認識であって
いろんな出来事は思いがけずに
向こうからやってくる感じ。


一方で
夢(ことに明晰夢)では
これは夢だとの認識があって
なにが起こるかを
自分で意図して
コントロールすることができる
ということです。



2.体験の記憶

ステファン・リバーグ博士によると
ほとんどの人にとって
明晰夢は内容を記憶しづらいものだ
ということです。

体外離脱では、逆に
その体験中に起こった出来事を
何年たっても
覚えている
ものだ
そうです。



3.REM睡眠

明晰夢を見ているときは
REM睡眠状態にあることが
わかっています。

体外離脱体験は
完全に覚醒した脳波の状態で
起きています。

これは臨死体験中の
状態に似ていると
言われています。



4.体験の内容

「クリエイティヴ・ドリーミング」の著者
パトリシア・ガーフィールド博士によると

彼女の見る明晰夢の2/3が
性的な内容を含んでいるそうで
これは、他の体験者も多く語っていることだそうです。

反対に
体外離脱中に
セクシャルなことに関わる例は
めったにない
ということです。

以上4点によって
体外離脱と夢が明確に異なると言えるそうです。

もし、体外離脱が現実のものであって
それが霊魂の存在、ひいては死後の世界を
証明するものなら
これももう大変素晴らしいことだと思います。

なんといっても
人生最大の恐怖は「死」でありますが、
恐怖の根幹は
未来永劫自分がまったく無くなってしまう
かもしれないことににあるのですが
そうでないと言えるのですから…


死後の世界 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)

posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 10:32| Comment(0) | 海外ノウハウ

2011年09月21日

体外離脱の方法3 ロールアウト・テクニックとポイント・シフト・メソッド

今回も
体外離脱のテクニックとして
2つの方法を紹介します。


1.ロールアウト・テクニック


深い深いリラックス状態になるのは、
前回ご紹介したロープ・テクニックと同じです。

ロープテクニックによる体外離脱

ベッドに寝て
身体がごろごろ転がる様子をイメージします。
(実際の身体はリラックスしたままです)

イメージの上で
身体をベッドの四方に転がします。
ベッドの端の方に来たときに
どのように周りが見えているかを
はっきりと頭に描きます

これを何度も繰り返すうちに
ある瞬間に幽体がベッドからも離れて
空間に浮かぶようになります。


未来を視覚化して夢を叶える! 
魂の飛ばし方 タマエミチトレーニング

*体外離脱について筆者の体験を綴った評判の高い本です。



2.ポイント・シフト・メソッド

ポイント・シフト・メソッドは
有効性が高い方法ではあるが、
高度の集中力が必要なために
中級者か上級者向けの方法です。

【事前準備】
リラックスする前に
部屋の壁や天井、置いてある椅子や机など全てのものを
色や形、質感を感じます。

次に
こころのなかに地図をつくって、
部屋の中のすべてのものがどこに置いてあるか記憶します
そして
あなたが部屋のどこにいたときには
どのように見えるかを
はっきりとわかるようにしておきます


【実行編】
他のテクニックと同様に
深いリラックス状態、トランス状態に入ります。

あなたが自分の肉体からゆっくり離れていく様子を想像します
肉体から離れたあなたは部屋を見回します。
あなたがいる地点からの
部屋の様子を詳細に全部はっきりとイメージしていきます。

イメージが終わったら
あなたは場所を変えるべく動きますが、
また動いた地点からの様子を
詳細にはっきりとイメージします。

これを繰り返すうちに
突然、幽体もあなたについていくようになります。
タグ:体外離脱
posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 14:35| Comment(0) | 海外ノウハウ

2011年09月15日

体外離脱の方法2 ロープ・テクニック

前に、クリスタルを使う体外離脱の方法について書きましたが
ヘミシンク以外では、最も有名な体外離脱方法といわれるロープ・テクニック
について紹介します。


はじめに断っておきますが
私自身は、体外離脱については錯覚説に近い考えを持っています
なるべく客観的に、こういう説があるよということを紹介するだけ
ですので、その点はご留意願います。

sky-lanterns.jpg

1.前提としての深いリラックス

先ずは、体もこころも
深い深いリラックス状態になることが
必要です。

リラックスするテクニックはいくつかあります。
代表的なのは、
ゆっくり呼吸をしながら、
呼吸の回数を数える方法ですが、

初心者には
指導者にリラックスできるようにガイドしてもらう
のがいちばんです。

ただ、それも難しい場合が多いので、
自律訓練法や催眠のガイドCDをおすすめします。

漸進的筋弛緩法

自律訓練法

誘導イメージ法



2.ロープテクニック

リラックスできたところで
いざ本番です。

1.の状態で、ベッドに横たわったまま

天上からロープが
あなたの目の前にぶら下がっている
様子を想像します。

あなたは
腕を伸ばして、そのロープを掴むところを
ありありとイメージします。

実際に自分の手を動かしてはいけません。
あくまで、
自分のイメージした手
イコール
幽体の手を使って
ロープを掴みます。

一方の手でロープを掴んだら
もう一方の手で
ロープの上を握ります。
さらに反対側の手で、ロープのさらに上を…

というように
ロープクライミングの感じで繰り返すと
ベッドに寝ているあなたの身体から
幽体が抜け出して登っていくのが
感じられるようになってきますます。


このとき、
あなたを
不安感や目まいが襲うこともありますが、
身体から幽体が離れるときに起こる
当然の反応ですので
無視して進んでください。
体外離脱が出来ているはずです。

タグ:体外離脱
posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 11:35| Comment(3) | 海外ノウハウ