2011年07月06日

右脳と左脳だけでなく脳梁も鍛える-SAB Quest

潜在能力を開発するCDのうち
歴史のあるものは
ヘミシンク、ホロシンク、ブレイン・シンク
というように、みんな「シンク」という語がついています。

「シンク」は「シンクロナイゼーション」の略で
日本語で言うと、同調ということになりますが

これは、左右の脳をシンクロ=同調させるということを意味しています

脳波コントロールには
単に、脳波をアルファ波とかシータ波にするだけでなく
ふだんはバラバラに発振している左右の脳が
同じ脳波に同調することで
脳全体として最大振幅になる
=脳の機能を最大発揮できる

と考えられているというわけです。


いま私達はリラックスするためにはアルファ波とか
深い瞑想状態になるにはシータ波とかいってますけど

むしろ
いちばん大切な名前につけられたことから考えると
左右の脳をシンクロ=同調こそが本来の目的だと思います。

SAB.jpg

SAB Questは
右脳と左脳の同時発振(=脳波コントロール)だけでなく
右脳と左脳をつなぐ脳梁といわれる部分も鍛えることで
左右の脳のシンクロをより強力に推進する音源です。

バイノラルビートが
右脳から左脳へ
左脳から右脳へ
一定の速度で動くので、
つないでいる脳梁も刺激されるというわけです。


加えて、脳波コントロール方法として
音の刺激による手法では
いちばん強力な音のビートによる刺激
(変調系)をメインにしているので
初心者にはいちばん適していると考えます。

音のビートのリズムによる脳波コントロール
を参照してください

▼▼▼▼▼▼▼▼
SAB Questの詳細
▲▲▲▲▲▲▲▲

【特典】
こちらをクリックしてご購入の方に
千代田仙人作の「若返りのための特殊音源」
差し上げます。

ご購入後、こちらのフォームからご連絡くだされば
確認次第すぐに音源をお送りします。
posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 10:07| Comment(0) | おすすめの潜在能力開発CD&音源

2011年07月05日

VanatgeQuestは、頭がさえるCD-ヒラメキを生む

Vantage Questは
他の潜在能力開発ツールとは
大きく違っています。

Vantage Questのジャケット写真

他のCDやマシンが
特定のアルファ波とかシータ波とかに
コントロールしようとしているのに対して

シータ波からアルファ波、ベータ波の幅広い脳波を
同時に活性化します。


だから、聴いているうちに、すごくわくわくして頭が冴えるの
がわかるのですが、一方でリラックスする状態
になります。

なんていうか、とてもノッている状態と静かで幸せな状態が
同時に来るというか、そんな感じです。


Vantage Questは、いろいろ効果がありますが、とくに
創造性の開発、アイデア発想力、ヒラメキ力をつけるのに
役立ちます。
実際にアメリカでは、Vantage Questを聴いて、発明したり、
高い評価を生んだ小説を書いた人もいるそうです。


なぜそのようなことが可能かというと
Vantage Questは、バイノーラルビートではなく
ハーモニックマトリックスという方法を
使っているからだとか。

ハーモニックマトリックスの説明は難しいのですけど
簡単言うと、
ベータ波とベータ波を組み合わせて、大きなアルファ波にして
アルファ波とアルファ波を組み合わせて、より大きなシータ波
にするようなイメージかと ……

Vantage Quest の詳細


Vantage Questを使うには注意点もあります。

基本的には、ハーモニックマトリックスは、効果は素晴らしいのですが
強い手法ではないので、コントロールされるまで少し時間がかかる

いうことです。

ですから、初級者の人より、
以前からヘミシンクを聴いていたり、
ふだん瞑想したりしている人には
ものすごく評判がよく、おすすめです。

また、バイノーラルビートと同じくヘッドホンが必要です。

とはいえ、じっくり取り組むつもりなら
おすすめしたい潜在能力開発ツールです。

Vantage Quest の詳細

posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 10:26| Comment(0) | おすすめの潜在能力開発CD&音源