2011年07月06日

右脳と左脳だけでなく脳梁も鍛える-SAB Quest

潜在能力を開発するCDのうち
歴史のあるものは
ヘミシンク、ホロシンク、ブレイン・シンク
というように、みんな「シンク」という語がついています。

「シンク」は「シンクロナイゼーション」の略で
日本語で言うと、同調ということになりますが

これは、左右の脳をシンクロ=同調させるということを意味しています

脳波コントロールには
単に、脳波をアルファ波とかシータ波にするだけでなく
ふだんはバラバラに発振している左右の脳が
同じ脳波に同調することで
脳全体として最大振幅になる
=脳の機能を最大発揮できる

と考えられているというわけです。


いま私達はリラックスするためにはアルファ波とか
深い瞑想状態になるにはシータ波とかいってますけど

むしろ
いちばん大切な名前につけられたことから考えると
左右の脳をシンクロ=同調こそが本来の目的だと思います。

SAB.jpg

SAB Questは
右脳と左脳の同時発振(=脳波コントロール)だけでなく
右脳と左脳をつなぐ脳梁といわれる部分も鍛えることで
左右の脳のシンクロをより強力に推進する音源です。

バイノラルビートが
右脳から左脳へ
左脳から右脳へ
一定の速度で動くので、
つないでいる脳梁も刺激されるというわけです。


加えて、脳波コントロール方法として
音の刺激による手法では
いちばん強力な音のビートによる刺激
(変調系)をメインにしているので
初心者にはいちばん適していると考えます。

音のビートのリズムによる脳波コントロール
を参照してください

▼▼▼▼▼▼▼▼
SAB Questの詳細
▲▲▲▲▲▲▲▲

【特典】
こちらをクリックしてご購入の方に
千代田仙人作の「若返りのための特殊音源」
差し上げます。

ご購入後、こちらのフォームからご連絡くだされば
確認次第すぐに音源をお送りします。
posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 10:07| Comment(0) | おすすめの潜在能力開発CD&音源
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。