2013年06月14日

記憶力を高める方法 1

勉強の合間に使いたい、簡単に記憶力を高める方法

1.目を左右に動かす

目を左右に動かすと、左右の脳が活性化して、短期記憶力を高まります。

cqglass2.gif

このことは、アメリカのトレド大学、イギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学等の研究で明らかにされています。詳細は試験に役立つツール

短期記憶は、記憶の定着率を上げるだけではなく、問題の理解力や勉強の効率アップにも大きく影響します。たとえば、文章を読む場合にしても、文の最後の方まで来たときに、最初の方で言っていた内容や話の論理をはっきりと覚えていなければ、その文章をちゃんと理解することはできないわけですので、短期記憶が文章の認識力には不可欠なことはご理解頂けると思います。


世の中では、高い記憶術の教材が売られていますが、正直言って、大学入試くらいのレベルでは、記憶術が必要なほど覚えることが多いとはとても思えません。
むしろ内容を早く正しく理解することが重要な能力です。

勉強の合間に30秒間、左右の目を一定のリズムで動かしてみましょう。
C.クエストというCDを使っても同じ効果が得られます。

CQ120.jpg


2.良い香りを楽しむ

嗅覚は他の視覚や聴覚などと異なって、脳の大脳辺縁系という部位に直接つながっています。
大脳辺縁系には、海馬という記憶に深く関わっている器官があります。

Brain_limbicsystem.jpg

嗅覚を鍛えることで、海馬を刺激して活性化し、記憶力を高めることできます。

勉強の合間に、アロマの匂いを嗅いでみましょう。
本当に気持ちがいいですし、癒される感じがします。
本格的なアロマテラピーをするのは大変ですので、たとえば、アロマオイル数滴をハンカチに垂らしておくというのはどうでしょうか。

記憶を良くするといわれるアロマはペパーミント、ローズマリー、レモンなどですが、自分の好きな香りでも良いと思います。


posted by はりす@能力ツール・クリエイター at 09:44| Comment(0) | 記憶力を高める